世田谷区

世田谷のベストスポット「砧公園」

ファミリーで楽しむなら「砧公園」が世田谷のベストスポットだと思います。いつ行くか?今でしょ。

 

砧公園は東京23区で一番の自然公園だと思います。

 

敷地面積の大きさもそうですが、ロケーションが世田谷でもローカルな雰囲気の残るエリアで、「都会のオアシス感」が充溢してます。

 

ファミリーパーク、バードサンクチュアリ、アスレチック広場、子供の森などなど、変化に富んだ公園で、四季折々楽しめます。

 

梅園もありますし、桜の花見スポットでもありますが、ベストシーズンは今だと私は思っています。

 

まさに「いつ行くか?行くなら、今でしょ」。

 

雑木林と芝生、そのもっとも輝く季節が今なのです。

 

起伏のほとんどない公園ですので、高齢の方の散策にも適していますし、こどもは大喜び、おとうさんおかあさんも日ごろのストレス解消にもってこいだと思います。

 

ランチは、お弁当持参でももちろんいいですし、「ちょっとぜいたくして」というなら、公園内にある美術館へ。

 

美術館のレストランが、大変魅力的です。美術館の半地下のようなところにある店で、オープンスペース。

 

予算は1人1500〜2000円くらいでしょうか。ロケーションや景色の「味」を加味して考えれば、リーズナブルかもしれません。

 

美術館は区立ですから、低料金で常設展を鑑賞できます。

 

公園のアスレチックと、雑木林の散策と、最高のロケーションでのランチ、そして美術鑑賞まで楽しめるという、ほとんど都内唯一のぜいたくスポットだと、私は思っています。

 

城南区の小学校や幼稚園では、秋の行事として砧公園へのどんぐり拾いを催すところも多くあります。

 

筆者は、実は城南区内で幼少期を過ごしましたが、幼稚園、小学校とともに遠足で砧公園へ行った思い出があります。

 

子供からしてみると少し遠出した気分と普段なかなか触れることのできない自然の中で貴重な体験をできたことは、とっても大切で素晴らしい経験だったと思います。

 

子供のうちに様々な体験をするということが子供の教育にも大きく影響していきますので、ぜひお近くにお住まいなら家族で遠足に出かけてみてはいかがでしょうか?

馬事公苑

世田谷区のお勧めスポットは、ズバリ馬事公苑です。 渋谷からバスで成城学園前行きや調布駅行きに乗ると、30分弱で到着します。 電車だと小田急線の千歳船橋から徒歩で15分弱でしょうか。 馬事公苑という変わった名前をしたこの公園は、日本中央競馬会(JRA)が運営する馬術などの普及を目的とした公園です。 人と馬が出会い触れ合う場所としてつくられたものです。 ホースショーを楽しんだりすることもできます。馬とのふれあいだけではなくお花見の時期などは桜がとても綺麗です。 その桜もいろいろな種類があるので、長い期間楽しめます。ですが本当のお勧めは、平日の昼間です。 馬場を囲むように観客席が並んでいますが、殆ど人はいませんのでランチ片手に自然の中で本当にゆっくり、のんびりできます。 園内には売店もあり、飲み物は調達できますが、食べ物はあまりありません。 ですが、近くにファミレスや美味しい回転寿司のお店がありますので、帰りに寄るのもいいでしょう。 また馬事公苑を出てすぐに、東京農業大学関係のショップがあります。 ここでは東京農業大学開発のドリンクやお菓子が買えたり、軽い食事も出来ます。 併設施設にはちょっとした植物園のようなものがあります。 東京農業大学で飼っている鶏の卵が買えたりもしますので話のネタに面白いかもしれません。 ここから散歩がてら渋谷方面に歩いていくと、世田谷通り沿いには美味しいお店がたくさんあります。 馬事公苑のすぐ近くに東京農業大学がありますが、その付近にはいつもお客さんが並んでいるラーメン屋さんが何軒もあります。 そのまま世田谷通りを上町方面まで進めば、とてもおいしい肉まん屋さんもありますのでぜひ足を運んでみてください。